ログイン 新規登録

2022/05/15

■ただただPandoraHearts愛を語るだけの場所■
https://magazine.jp.square-enix.com/gfantasy/special/PH15th/

Gファンタジーで2006年5月~2015年3月という長期間連載され
全24巻で完結から7年たった今も
私の中で最高の作品に君臨する望月淳先生の作品。
15年くらい前に、本屋に並んでいたコミック表紙の美しさに
一目惚れして、当時発売済みだった5?6?巻を一気買いしました。
その後Gファンを定期購入するようになったのは言うまでもない。
てゆーか、バックナンバーも買った。
それ以降、通常版と特装版が出れば同じ巻であろうと両方買ったし
画集も小説もFBも、名のつくものはすべて買い漁りましたね。
いつでも読めるように、紙媒体と電子書籍両方持ってるしね。
我ながら、どんだけwって感じです。
何十回と読み返して、セリフも展開も頭に入ってるような状態なのに
昨日、また1から読み直しました。病気だな。

恋愛要素は、ほぼないようなもんなので甘さはないし
どちらかというとお話は暗い系?
暗さで1巻目を読むのを諦めた知人が居た....。
まぁ、いわゆるダークファンタジーってやつです。
んー...暗いっていうか辛いっていうか切ないっていうか...
仲間とか友情とか信頼とか自信とか命とか、そんなお話しなので
心に訴えかけてくるものが多いんですよね。
スポ根並みに素敵な台詞も多くって、私こんなに立派に生きてねーな
...とか人生まで考えさせられてしまう始末ですよ。
感情移入しやすい人は、ほんとに読んでて苦しくなると思われる。
そんな私も超感情移入型。

不思議の国のアリスのフレーズが絡んでくるストーリーですが
物語にはたくさんの謎があって、それを解き明かしながら
話はどんどん進んでいくんだけど、一体どこまでプロット固まってた?
というくらい、10巻くらいあとになって辻褄が合ったりする。
2巻で伏せられてたセリフの続きが22巻ですよ。あっぱれ。
全体を通して綺麗に伏線が回収されていくのが素晴らしい。
そしてみんな15巻で号泣して16巻で裏切られて欲しい。
ソレ以降はきっと泣きっぱなしよ。
まぁ、そこに辿り着くまでもちょいちょい泣かされますが。
ただ安心してほしいのは、一応HEで終わる...一応...一応ね。

それと、この作品の良さを語る上で望月先生のイラストの美しさは
ほんとにマジで半端ない。デジタルではなくアナログで描かれているので
原画展とか行くと、更に美しくて涙出そうになった。
そして○万する限定販売の直筆サイン入り複製原画を買ってしまったよね。
「5周年記念...買っていいかな...」と思わず子供に相談しちゃったよ。
200枚限定で通し番号10番代前半をゲットしたので家宝です。
飾るのも勿体なくて、たまに引っ張り出して眺めてる。
600mm×420mmという大きな絵が額縁に入っとります。
額から出すと裏に望月先生の直筆落書きあるんやで。
遊び心のファンサが神。

2009年、連載中にアニメ化されたときは嬉しかったのだけど
あのイラストをアニメ化できるはずもなく作画が残念だったり
回収しきれないものを出さないために重要な台詞が変わってたり
重要なシーンがまるごと削られていたり
最後の方とか数話分まるまる違う話になってしまっていたりと
納得できないデキだったので哀しい限りなのです。
ただ、音楽が梶浦由記さんだったのでBGMは素晴らしかったのと
キャストも今では信じられないくらい豪華な顔ぶれで
 オズ :皆川純子さん  アリス :川澄綾子さん
 ギル :鳥海浩輔さん  シャロン:花澤香菜さん
 ブレイク:石田彰さん  ジャック:小野大輔さん
 ヴィンス:福山潤さん  エリオット:野島裕史さん
 リーオ:渡辺明乃さん  レイム :諏訪部順一さん
 チェシャ:山口勝平さん
まだアニメに出てないドラマCD班は
 レヴィ:櫻井孝宏さん  オズワルド:谷山紀章さん
...と、かなりヤバイです。主役格勢揃い。
このメンツで最高のものを作れなかったのもったいなさすぎ。
完結した今だからこそ、制作会社以外同じメンツで
再度やり直してくれませんかねぇ...ハガレンみたいに。
まぁコミック売上15倍の作品のようには行きませんよね...orz
てか、ハガレン2回目キャスト入れ替えあったか。

最後に、十数年私の中で1位に君臨している
一人で何でもできる気になってる中年オヤジこと
ザークシーズ=ブレイク様39歳。ほんと好きすぎてヤバイ。
今後この順位を覆せるキャラでてくるのかなぁ...。
他の作品でのキャラではそんなとこまで落ちたことはないのだけど
妹分のシャロンに嫉妬する程度に溺れてます。
二次元キャラに嫉妬とか危ないな私。きっと最初で最後だ。
強くて弱くて意地悪で優しくて頭が良くて不器用で儚く美しい人。
まぁこんな人、現実には絶対居ないんですけどね。
二次元・三次元あわせて、最愛の人ですね。たぶん一生。

最終更新日:2022/05/15